価格の高いデジタコには助成金の利用が効果的です

デジタコは様々な機能を備えており、管理者にとっては安心して運送業務をドライバーに委託できるような機能も多数備えています。

運転免許チェッカーやアルコールチェッカーなどを連動することができるものも存在しており、不注意でドライバーが免許不携帯となったり、酒気帯び運転などの行為を行うことを未然に防いでくれるのです。

さらに、運転状況をリアルタイムで把握することができる機能を持っているものもあるため、近年話題となっている大型車の無謀運転や悪質運転の加害者となるような行為を抑制することもできるのがポイントです。しかし現在義務付けられているのは運行記録を取得するタコグラフの機能を持つデジタコであるため、それ以上の機能を導入することは義務付けられておらず、価格の高いデジタコを導入する事は会社の利益を圧迫することにつながります。特に中小の運送会社等では多額の出費を義務付けられていないデジタコに行うことができず、安全運転の促進や企業イメージの向上に役立つと分かっていても、その導入が難しい場合が少なくありません。

このようなデジタコの価格の高い機器を導入したい場合に効果的に利用することができるのが様々な助成金制度です。その価格に応じて補助金を支給されるため、効果的に安全運転のための様々な機能を導入することができるのがポイントです。加えて運行記録もデジタルで取得することができるため、統計処理や様々な場面への応用が迅速に行うことができるのがポイントとなっており、非常に効率の良い導入を行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *