高価格帯のデジタコ導入の費用対効果やメリット

デジタコ導入時にチェックしたいポイントが価格面ですが、シンプルで簡易的な低価格モデルから、高性能なタイプの高価格帯の機器まで多種多様に増加しているのが特徴です。

人気が高い高性能モデルの相場は約180、000円前後とされますが、デジタコを導入した費用対効果はどんな期待値があるのでしょうか。最初に注目したい部分が、燃費の向上と節減というメリットが挙げられます。デジタコはエンジンの回転数や、アイドリングの状況なども記録できる事が特徴です。

これらを活用する事で無駄なアイドリングを無くし、最適なエンジン回転数という燃費に直結するような部分が改善できます。あるデータでは導入後の燃費改善率が10%という結果も出ているので、運送業界にとっては注目したいポイントです。そしてGPSによってリアルタイムでドライバーの位置を把握できますので、急ぎの依頼などがあった場合も最短距離の配車ができます。

一番近いトラックに回ってもらう事で、無駄に配車を増やす事がありませんので、業務の効率化にも繋がるでしょう。またデジタコを導入する目的は、事故防止という安全管理の側面が重要なポイントです。万が一交通事故などを起こしてしまいますと、賠償金などの面で多大な負担が発生します。ドライバーの安全意識の取り組みもアップしますので、長期的に見てもメリットとなる部分だと言えます。このように価格に対する費用対効果は多く存在していますので、初期導入費用が負担とはなりますが、ある程度の性能のデジタコを検討してみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *