デジタコの価格はなぜ高いのか

デジタコは一般的にタコグラフに比べ価格が高いものが多くなっています。

そのため、単にタコグラフの性能がデジタル化されただけなのに疑問を持つ人も多いのですが、価格の高いものは様々な機能を搭載していることが多く、さらにその機能は今後非常に役に立つ可能性があると考えられるものが多いのが特徴です。その理由は現在デジタコはこれまでのタコグラフにはない様々な機能の利便性を確認する要素が含まれており、この状況をもとに国土交通省が新たな義務化の企画を作成しようとしていると考えられるためです。

近年では様々な交通トラブルが多く発生しています。その中には運送車両が関連しているものも少なくありません。そのため現在では運送車両にはタコグラフの装着が義務付けられていますが、これだけでは安全運行の管理を徹底には機能が不足していると考えられており、様々な面での安全確保をするための機能が今後義務化される可能性が高くなっているためです。

しかし、義務化をするためには様々な機能に関しての十分な調査が必要で、加えて価格を含めて最適なバランスを模索している状況と言うことができるため、デジタコに搭載されている様々な機能は現在オプション扱いとなっておりその能力に応じてデジタコの価格が設定されていることになります。近年では通信機能を搭載したデジタコも実現されており、その他の機能を含めるとそのコストは非常に大きなものとなっている可能性があります。これが義務化になれば標準化が進み安くなる可能性もありますが、現時点ではその保証はありません。必須の機能ではないため価格を高く設定していることになるのです。デジタコ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *