デジタコの価格相場はどのくらいか?

走行距離・速度・時間、この3つは搭載車両の法定3要素になるもの、この法定3要素だけでなく様々な情報を記録可能にするデジタコは、事故防止や労働形態の実績など数多くの項目に置いて貢献するなど、国土交通省からの推奨も行われている設備機器です。

その反面で、実用化となったのは1998年であり20年以上も前、しかも進化し続けている設備機器でもあり搭載されている機能に応じて価格にも大きな差が生じているのが特徴です。

デジタコと連動させる運航管理システムの導入コスト、クラウドサービスを活用する場合には通信費の他にも月額利用料が加算する形になるなど、設備機器の価格だけでは済まないケースもゼロではありません。導入を検討しているけれども予算はどのくらいを目安にしておくべきか悩む人も多いかと思われますが、デジタコだけの価格相場は178、000円といわれており、機能の有無に応じて金額が変わって来ると考えておけば良いでしょう。

ドライブデコーダーと一体型になっているタイプの中にも、クラウドサービスとの連携で安全運転を効率的に確保する機能を使える、走行中に撮影した映像は危険度の高い画像を自動的に抽出するなどの便利な機能も備わっています。デジタコだけの価格では13万円前後になっていても、実際のサービスを利用するときにはベット利用料がかかることを把握しておく必要があります。ちなみに、1台ずつ搭載することになるわけですから、必要台数についても把握が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *