価格の高いデジタコを前向きに捉える

デジタコの価格は、一番安いものなら5万円くらいからありますし、高いものなら30万円くらいする製品もあります。

一台30万円となると、10台の車を保有していた場合、全てに取り付けたら300万円もかかってしまう計算ですから、中小企業などにとっては厳しいかもしれません。しかし、5万円程度のものなら50万円で済みますからコストを抑えられます。それでも小さい会社にとってはけっこう大きな負担でしょう。

デジタコの価格はけっこう高いですが、補助金などを活用すれば安く導入できる場合もあります。デジタコ義務化を推進している国土交通省などが補助金の申請受け付けをしていることがあるので、問い合わせてみるといいかもしれません。価格の高いデジタコの導入義務化に反発する運送事業者は多いですが、この流れはおそらく止まらないのではないでしょうか。国土交通省は義務化する事業者の対象をもっと拡大したいと考えているようですし、度々運送事業者が引き起こす悲惨な交通事故がそれを後押ししているからです。

そのうち運送事業者すべてに義務付けするという時代が到来するかもしれません。そういう情勢ならば、導入をネガティブに捉えるのえはなく、ポジティブに考えていったほうが得策かもしれません。実際、デジタコを導入することは費用がかかるというマイナス面ばかりではなく、業務効率が改善されたり、ドライバーの安全が向上したりと、良いことも多いです。前向きに導入を検討していくことで、会社の業績アップにつなげられる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *