デジタコの価格について

デジタコとカタカナで表記されても何だかんだ分からない人も多いかも知れませんが、これはデジタルタコグラフの略称です。

タコグラフとは主にトラックやタクシーなど、営業車両とされる車に搭載された運行記録用計器のことです。営業車が危険な運行をしていないか、定められた速度や時間を守れているかなどを記録し残すものでかつては紙に書き記すものでした。1998年からデジタルタコグラフの実用化が進み、装着義務車両の拡大も相まって広く普及しました。

紙で書き残すアナログタコグラフでも装着義務は果たせますが、残せるデータ量が大きく異なります。例えばGPSの位置情報、ドアの開閉の回数などより細かな情報をデータ化出来ます。ただし、その分アナタコと差が生まれてしまうのが価格面です。アナタコが初期費用に5~7万程であるのに対して、デジタコの導入には20万円前後掛かってしまうのです。

これはアナタコもですが維持費も必要でありアナタコは紙代、デジタコは通信費が掛かります。価格を比べればアナタコを選ぶのも1つの選択かも知れませんが、運行記録の管理作業の効率化を図るならば断然デジタコです。製品ごとに様々な機能が有りますが事故記録のデータ画像を自動抽出してくれたり、ドライバーの現在地をリアルタイムで教えてくれたり、はたまたアルコールチェッカーも兼ねた製品まで存在します。神に時間と速度と距離を書き残す程度のアナタコでは不可能な機能です。大きい価格差かも知れませんが、その分の能力を評価して検討すべきかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *