デジタコ導入で気になる価格

デジタコはデジタル式タコグラフのことで、アナログ式に代わって広く使われるようになっている装置です。

タコグラフは、速度や距離など車の運行状況を記録するための装置で、主に業務用車両に取り付けられているものですが、近年はその設置義務の範囲が拡大され中型車以上の業務用車両に取り付けられているほか、設置義務のないものでも運行管理のために取り付けられています。デジタコのメリットは記録がデータとして行われるのでアナログ式と異なり解析する必要がありません。

また記録容量も大きいものですから、頻繁に記録メディアの交換を行う必要がありませんし、データ通信対応のものであれば、面倒な運行報告の負担を軽減することができます。デジタコを導入する時に気になるのがその価格ですが、価格はデジタコに採用される機能によっても変わってきます。

一般的なものでは1台あたり30万円というものもあり、ソフトウェアの導入やメンテナンス費用を考えれば、大きな負担となるものです。このため小さな運送会社であっても設置をするとなれば、数百万円の出費が必要になるものです。一方で、タコグラフの設置義務が拡大されたことから、需要が増えておりそのため価格の安いデジタコも登場しています。これらの場合には本体価格が5万円程度で、機能としてはアナログ式タコグラフを置き換えるだけのものといえますが、経費を抑えて必要最低限の条件を満たすというのには適しているものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *