デジタコの価格を安くする方法

デジタコはその価格が非常に高いものと考えている人が少なくありません。

実際に義務化の必要最低条件を満足すると考えられているタコグラフの場合には数万円で導入することができるものが多いのに対し、10万円以上するものが一般的であり、場合によっては20万円を超えるものも少なくありません。そのため様々な効率化などを予測しデジタコを導入しようとしても、この価格が大きな問題となりなかなか導入できないと言う場合も多いのです。デジタコには余分な機能がたくさん搭載されているために割高になってしまうと感じる人も多いものです。

実際に搭載されている機能は運行記録を取得する本来の機能のほか、カメラとの連動機能や通信機能など、本来の運行記録とは関連性がないと思われるものも非常に多くなっています。そのため、これまでタコグラフを使用していた人にとっては無駄な機能を搭載して価格を高めだと考える人も多いのですが、これは将来的に非常に重要な意味を持つ機能と考えられている面もあり、またこれらを搭載していることで安く購入することができる可能性もあるのです。

その理由は国がデジタコの様々な機能を使って道路交通の高度化に関する検討を行っているためで、この目的に合致したデジタコを購入する場合には国が購入資金の1部を提供する補助金制度が行われています。これを利用することで非常に割安に購入をすることができるほか、システム化の費用も支援される可能性があるため、非常に効率の良い方法となっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *