デジタコは価格によって機能が変わる

デジタコの価格は、製品やサービスによってさまざまです。

備わっている機能や使えるものが、それぞれ異なっていることからこうした違いが生じています。何も考えずに導入を決めてしまうと、高価な費用に悩まされることにもなりかねません。購入の前にはそれぞれ違いを十分に比較し、デジタコの価格も含めて最適なものを選ぶようにしましょう。

導入しやすい安価なものとしては、デジタコの価格が10万円前後のものがあります。この水準であれば必要な機能は一通り備わっていますし、複数台購入しても大きな負担となることはないでしょう。もちろん安いからといって使いづらいというわけではありません。走行中のデータを記録する機能は当然備わっていますし、中にはドライブレコーダーの機能を搭載することで、運転中の事故の際に周辺の映像を記録することも可能です。

使うシーンを検討した上で、こうした製品で十分間に合うと感じるのであれば、導入する価値は大いにあります。もう少し機能が豊富な製品が良いと思うのであれば、20万円前後の価格帯のデジタコがおすすめです。多少高くなっているため不思議に感じるかもしれませんが、その秘密は充実した機能にあります。例えば免許証をかざすだけでドライバーの本人確認ができるというものです。運転記録が誰のものであるのか確かめるには、車に乗り込む際に免許証による確認が欠かせません。しかしその際の手続きが面倒ともなると、つい省いてしまいデータが残らないということも来てしまいます。高価な製品はこうした便利な機能があることで、業務の効率化に改善してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *