デジタコの価格と費用対効果について

機能が増えることで価格も高くなるデジタコ、しかし費用対効果や安全性を重視する場合には多少価格が高くても導入する価値はあると考える経営者も多くなっているようです。

ちなみに、デジタコは特定の車両には装備の義務化が行われているのですが、この義務化は徐々に範囲が広まりつつある、将来的には社用車などの車両も装備が義務付けされる可能性も高くなっています。車両の保有台数が多い会社などでは、義務化が行われた際には費用を工面してでも装備をしなけばならなくなる時代もまじかに迫っているといっても過言ではありません。

機能が増えれば価格も上昇するなどからも、自社の営業スタイルの中で何を必要として何が不要であるのかを明確にしておくことがデジタコ選びの中では重要なポイントになって来ます。

多機能型タイプを導入すれば、至れり尽くせりの機能があるの便利に感じるケースもあるものの、自社の営業スタイルの中で不要なものが含まれていれば無駄な出費にも繋がって来るわけです。道路を走行しているとき渋滞に巻き込まれてしまうケースは多いかと思われますが、配送の仕事をしている人にとって渋滞は届け先の時間を遅らせてしまうリスクがあるため、スムーズに流れる場所に来たときには渋滞の遅れを取り戻すためスピードを出してしまうケースも少なくありません。これは事故のリスクを高めてしまうものであり、デジタコの機能の一つでもある警告音があれば冷静な判断を行い安全運転に繋げることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *