デジタコ等のデータをクラウドで一元管理

大型トラックやバスにはデジタコの装着が義務づけられています。

このデジタコとは、「デジタルタコグラフ」の略称であり、日本語では「運行記録計」と言います。実際にトラックを走らせた時に、時間と距離と速度を記録するものです。これにより運転者だけでなく管理者が運行時の速度や休憩時間を見ることができたり、また急加速・急停止の記録もできるものがあり、ドライバーの走り方を客観的に把握することができます。このデジタコを他のデジタルデバイスと連携させる動きが進んでいます。

それぞれのトラックに装着されているデジタコのデータを一つのクラウドシステムに集約させることで、ドライバーごとの運転特性や癖を比較し、危険な運転をしがちなドライバーに安全運転の指導につなげることができます。通常はメーカーごとに互換性がないのですが、このクラウドシステムでは異なるメーカーのものでも一元管理できるため、新旧の機器が混ざっていても問題がないところは企業にとっては経費の負担が軽く済みうれしいことでしょう。

スマートフォンやタブレットを使った連携も重視しなければいけません。アルコールチェックのアプリはすでに開発されており、営業所にいなくてもトラックの中など外でアルコールの計測が可能となります。長距離ドライバーは全国まわりますので、出先でチェックできることは安全運行に大きく寄与するでしょう。健康・体調管理、居眠り防止機能など運転の仕方から判断することができたり、東京から全国を走るドライバーをクラウドシステム上で一元管理できる時代がもうそこまでやってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *