デジタコをクラウドにあげれば運送業界が変わる

トラック運送事業者は、貨物自動車運送事業法や道路交通法など関係法令に従って、運転者の速度と時間と走行距離を記録するデジタコを個々のトラックに装着しなければなりません。

このデジタコのデータを詳細に分析することで、それぞれのドライバーの運転特性や癖が判明します。同じ営業所内のドライバー同士で比較することで、危険な急加速・急減速が多い運転をしているドライバーに、安全運転を指導するなどに活用されています。運行管理のクラウドシステムが開発され、デジタコからのデータをクラウド上に保存することにより、それぞれの営業所ごとに保存されていたデータを全社一括で見ることができるようになりました。

台数が多ければそれだけ比較する対象が増えるので、課題もさらに見つけやすくなるでしょう。営業所ごとで管理していたものを本社で一括管理するようになれば、管理者の人手を減らすことができ人件費の削減につながります。クラウドシステムはさらに、他のデジタルデバイスとつなげて発展させることが可能です。

トラックの運行前にはアルコールチェックが欠かせませんが、スマートフォンのアプリにアルコールチェックができるものがあります。営業所にアルコールを測る機械があって、出勤したらそれに息を吹きかけて測るのですが、スマートフォンを利用すれば出先でも計測可能になり、長距離ドライバーのアルコールの管理に最適です。自宅で計測することもできるので、事務所にあがる時間を現場で積荷や荷下ろしなどの作業に費やせます。それは労働時間の削減につながるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *