運行・労務管理とデジタコのクラウド連携

運送業界での運行管理・労務管理とデジタコをクラウドシステムで連携する機器が登場しています。

トラックなど貨物運送業の長時間労働、拘束時間の長さは、他の業界にくらべてかなり深刻なものです。このことが運送業は厳しい仕事だというイメージにつながり、新しい人員が入ってこず慢性的な人手不足に陥っています。これを解決するのが、クラウドシステムでのデジタコも利用した運行・労務管理です。デジタコ(デジタルタコグラフ=運行記録計)は、トラックで運行中の速度と時間と距離を記録するものです。

通常は一台ごとに記録されるのですが、クラウド化されれば現在稼働中のトラックすべての運行記録がひとつの画面でリアルタイムで見ることができます。ドライバーが今どこを走っているのか、どこで積荷・荷下ろししているか、休憩をどのくらいとっているかなど、管理者が会社にいながら把握することができるのです。ここで受注があるからこのドライバーをそこへ行かせようなど、急な受注対応が行え業務の効率化が図れます。

安全運転への取り組みにもクラウドシステムが使えます。デジタコで急加速や急減速は記録できるので、運転特性や運転の癖を見いだすことはこれまでも可能でしたが、クラウド上で稼働するすべてのドライバーのデータが一つの画面で表示できれば、ドライバー同士の比較が容易になり指導もしやすくなります。ドライブレコーダーと連携することで、危険な運転をする場所の特徴を実際の画面で見ることができ、危険な運転をしがちな道路特性など情報共有でき安全への関心を高めることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *