デジタコとクラウドの組み合わせでできる事は何か

デジタコは従来のタコグラフに比べデジタル化されていることで様々な機能が網羅されている場合も少なくありません。

その中でも特に注目されているのが通信機能を搭載したデジタコです。取得した運行情報をリアルタイムで外部に送信することができるばかりでなく、その機能を利用して様々な情報を外部に送信することができるのです。最近ではドラレコやモニターカメラを接続しその状況をリアルタイムで送信するといった機能を持っているものも登場しており、これらの機能を有効に利用することで単純な運行情報だけではなく、高度な運行管理を行うことができると言うメリットがあります。

しかし、デジタコの機能が向上しても、その機能を十分に生かすことができる仕組みを用意しなければならない場合には、これを管理する企業の負担は非常に大きくなることが少なくありません。特に金銭面での負担が大きく、中小企業などの場合にはそのメリットを生かすことができない場合も多いのです。

そこでこれを有効に活用するためにクラウドが注目されており、少ない費用でデジタコが持つ高度な機能を利用することができると注目されています。クラウドはあらかじめデジタコの機能を生かすために様々な仕組みが網羅されているので、その中から自社が利用する仕組みを選ぶだけですぐに利用できると言うメリットがあります。また難しい管理が不要なほか、多くのクラウドは機能に応じて利用料金を支払う仕組みとなっているため、非常に利用しやすいのが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *