クラウド型のデジタコでリアルタイム管理を可能にする

デジタコは、従来はチャート紙に速度の変化などを記録していたタコグラフをデジタル化した製品で、車両に取り付けることで運行時間・速度・ブレーキの使用状況などを電子データとして記録することができます。

これまで使われていた記録紙から運行状況を読み取るにはある程度専門知識が必要でしたが、デジタコの場合は記録したデータをコンピュータ上でさまざまな形式で統計処理できるため、理解がしやすいという特徴があります。そのため、トラックやバスなどの事業者が活用すれば、運転者に対してより効果的な安全教育や注意喚起などを行うことができます。

デジタコにはさまざまなタイプの製品があり、記録方式も多種多様です。以前はSDカードなどの記録メディアにデータを保管し、運転終了後に回収してコンピュータで読み取るというのが一般的でしたが、近年ではクラウド方式で利用できるものも出回っています。

無線通信などを使ってネットワーク上にデータを保管し、正当な権限があれば誰でもクラウドベースにアクセスできるようにすることで、たとえば各地の営業所における運行状況を本社で一括管理するといったようなより効率的な管理が可能となります。クラウド方式であれば情報をリアルタイムで把握することもできるため、音声通話装置と組み合わせることでスピードの出し過ぎや長時間の連続運転などについて即座に注意を与え、重大事故を未然に防ぐといったような安全管理体制の構築も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *