デジタルタコグラフのデータは保存が可能

それぞれの運転手が運転したデータというのは、デジタルタコグラフにて取得することができます。

デジタルの場合には数値でデータを記録するので、様々な記憶媒体に保存することが可能です。例えば外部出力のHDDに保存したりUSBメモリなどにも保存が可能なので、場所を取ることがなく必要な場合には数年から数十年間でも運転データをとっておくことが可能です。デジタルタコグラフはデータの保管が容易と言う他にも多くのメリットがあります。それは運転の情報をシステム上に反映させることで、経路の改善を考えたり、アイドリングストップを運転手に対して指導したり、燃料にどれくらいの費用がかかるのかを把握しやすくなるということです。

IT化がまだ進んでいない企業に対しては、デジタルタコグラフの導入に助成金を設けている例も有りますから、費用面で困難に感じている方も是非試しに使ってみましょう。ブレーキをどのタイミングで踏んだのかや、アクセルをかけた場所はどこなのかを記録できるので、運転が適切であるかどうかはもちろんのこと、法令を尊守して運転をしているかまでデータから読み取ることが可能です。バス会社から物流企業まで車を動かすことが多い業界ならば、デジタルタコグラフの導入で運転データの長期保存などを目指すことが可能です。運転手の現在地情報なども調べられますので、デジタルタコグラフを試してみて安全な車の運転を目指していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *