揉め事を解決するドラレコとは設置は簡単な機器です

ドラレコとは自動車に装備するパーツになり、主にフロントガラスの上部、後部窓の上部に設置することが目立ちます。

以前は前方のみの録画機能が主流でしたが、あおり運転を含めて追突事故に備えるという意味合いでもリアカメラを備えた機器も人気が高まっています。新しい車種の中には純正パーツとして最初から設置されているものもありますが、ドラレコとは意外と安く購入することができるアフターパーツでもあり、特にインターネットのECサイトで購入できる機器は前後カメラ付きで5、000円程度から30、000円程度の範囲で販売されています。価格差はあるものの低価格帯のものでもナンバープレートを読み取ることができる機種や、LED信号に対応しているもの、夜間でも視界を良好にして録画できる機能性を完備している機器も見つけられます。

設置は意外と簡単で、多くのドラレコは車載用なので電源はシガーソケットから接続する方法です。シガーソケットが既に何かで使用している際には、増設用のパーツを購入する他、ヒューズボックスから電源をとる方法もあり、いずれも簡単なDIY作業で設置可能です。ドラレコとは揉め事を起こさないドライブの役に立つ機器として把握されているように、運転中に被害者となった際には録画した映像を証拠として保険会社と協議を行うことができるので、理不尽に不利な条件になることが無くなる機器です。実際に証拠映像として警察でも活用をしているように、自動車運転を行う限り装備しておくと強い味方になる存在です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *