ドライブレコーダーであおり運転対策をしよう

昨今、あおり運転が問題視されています。

前を走行している自動車などに対し、危険な程に車間距離を詰めたり、そのまま蛇行運転をしたり、あるいはクラクションを必要以上に鳴らしたりといった悪質な運転がそれに該当するのですが、酷いものになると後ろから追い抜いて、そのまま前に出てきて急ブレーキを踏むなど、事故を起こしてもおかしくないような運転をしてきます。その危険行為に対抗する手段の一つがドライブレコーダーになります。カメラの画質も向上しており、前方と後方の両方を録画することが可能なものもありますから、録画した映像は動かぬ証拠として法的措置をとる際にも大きな力を発揮します。勿論、高画質なものはナンバープレートもはっきりと映りますし、相手の顔の細部まで確認することが出来ますから言い逃れをすることも許しません。

ドライブレコーダーはカー用品を扱っているお店に行けば簡単に手に入りますし、その場で取り付けてくれますから、すぐにでもあおり運転対策が可能です。特に高速道路を頻繁に利用するような方にとってはドライブレコーダーは何よりも頼りになるアイテムです。同時にフロントガラスやリアガラスに、ドライブレコーダー録画中の表示を張り付けておけば、それだけで抑止力にもなりますから、これも取り付けておくべきです。ドライブレコーダーは年々高性能になってきています。自分が最も欲しいと思う性能が付いているものを選び、使いこなせるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *