プロのドライブレコーダーの取り付けは配線を隠せます

近年ではドライブレコーダーを搭載している車が非常に増えてきています。

中には自分で購入して自分で取り付ける人もいますが、ドライブレコーダーを取り付けるのであれば、やはりプロに依頼するのが一番でしょう。プロに依頼することには様々なメリットがあります。プロに依頼する一番のメリットは、配線を隠して固定することができるので、車内をすっきりと見せられることが挙げられます。ドライブレコーダーは非常にコンパクトであり、こんなに小さいもので映像を撮影できるとは思えないほどの小ささです。

その構造は一般的なビデオカメラとほとんどかわるものではありません。ビデオカメラの場合には充電式バッテリーを使い撮影することができますが、ドライブレコーダーの場合には小型なのでバッテリーを搭載していないものがほとんどです。そのため使用する場合には車内に配線をして電源を確保しなければなりません。簡単に電源を確保できるのがシガーソケットですが、シガーソケットから配線を伸ばせば運転の邪魔にもなってしまいます。そのため車内の壁などの目立たない部分にそわせるように取り付けなければなりません。

高性能でありさらに高機能のドライブレコーダーとなると配線も複雑になってしまいます。シガーソケットから電源を確保できない機種も数多くあり、このような場合は配線を隠すのも非常に難しくなるでしょう。しかしプロに依頼することにより、複雑な配線もしっかりと隠して固定してもらうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *