ドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーを選ぶ際には、長時間録画することができるものを選ぶことが大切です。

日本では特に、自動車を運転している時間よりも駐車をしている時間の方が長くなるのですが、このような時に様々なトラブルが起きる可能性が高いため、その瞬間をしっかりと録画しておくことが必要になるためです。煽り運転が話題になって以降、走行中のトラブルを録画するために購入する人が多くなっているのですが、様々なトラブルは実際には駐車中に発生していることが多いのです。このような瞬間でもしっかりと撮影をするためには、その間も記録しておかなければ意味がありません。

ドライブレコーダーはその名の通り、本来は走行中の様々なトラブルを記録するために生まれたものですが、走行中は基本的には運転者も周囲を自分の目で見ているので、記録に残しておかなければいけないそうそう発生しません。しかし、駐車の場合には誰も見ていないところで発生するため、全く証拠が残らないことになります。車上荒らしやいたずらなどは防ぐことができないと言う問題が発生しているのです。

さらに日本では青空駐車が一般的であり、誰でも簡単にこのようないたずらなどをすることができます。ドライブレコーダーを使用することでこれを未然に防ぐことができるようになるのです。そのため、ドライブレコーダーを選ぶ際には長時間録画することができるものを選び、車上荒らし等が発生した際にその記録を確実に残すことができるようにしておくことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *