デジタルタコグラフとは何ぞや

営業トラックの大半にはタコグラフというものが搭載されています。

このタコグラフは、運行時間や速度の変化をグラフ化し、その車両の稼働状況を把握するためのシステムで、運行記録用計器ともいわれています。しかし、集められる情報が少ないものでした。それを打開するために、最近に入りデジタルタコグラフというものが登場しました。デジタコとも呼ばれていますが、集められるデーターの数も増えました。まず、GPSによる位置情報がわかり、どのトラックがどこにいるのかというものがわかりますので、運行側はトラックの稼働状況が一目瞭然です。

そして、エンジンの回転数と急加速急減速もわかるようになり、スピードを出しすぎていないかというのもわかるようになり、これで燃費向上も図ることが出来ます。極めつけがドアの開閉といった事も計測されますので、自分の運転一つ一つが記録されます。ドライバーにとりましても、アナタコでしたら手書きで日報として提出しないといけませんでしたが、デジタコでしたらデーター解析が容易ですので、運転日報や各種管理表も簡単に作成できるようになりました。

自分の運転が客観的にわかることが出来るデジタルタコグラフを搭載しているトラックドライバーは、より慎重に運転しなければならないという緊張感を持つことが出来ますので、必然的に交通事故を引き起こす頻度も少なくなります。ただし、デジタルタコグラフはアナタコより高いのがネックです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *