デジタコとは?どんなメリットがある?

デジタコとはデジタルタコグラフのことで、自動車やトラックなどの走行時間や走行速度を記録します。

運行記録を自動的に記録するもので、メモリーカードなどを利用してデータを保存します。基本的に営業車両とされているとのには設置されていて、バスやトラック、タクシーなどでもデジタコが見受けられます。国土交通省は多くの交通事故を防ぐために、大型車や総重量が重い事業世貨物自動車などに装備することを義務付けているのです。

デジタコは円形になっているチャート紙に運行状況が記録されていて、線の動きからどのような走りをしたのかを調べられます。どの時間にどの辺りを走っていたのか、遠回りをしたのか、荷積みや荷物を下ろす時間なのかを予測することが可能です。より詳しいデータを読むためには、専門的な知識が必要です。

導入することで安全運転ができ、作業の効率化も図れます。デジタコはGPSで集められない細かい情報を記録することが出来るので、より細かいデータ分析が出来るのがメリットです。ドライバーは安全運転をしているのか、速度を守っているのかを確かめられます。誰かに常に監視されている意識も高まり、より安全運転を心掛けるようになるのもデジタコの魅力です。またドライバーが日報などを書く手間も省け、運行データを元に自動で業務日報を作成してくれます。各ドライバーが印刷して提出するだけなので、勤務時間の短縮にも繋がるのです。作業の効率化によって、ドライバーの負担も軽減されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *