デジタコが普及している理由

デジタコが普及している理由は、単純にこれまでアナログで記録されていた運行情報がデジタル化されたからだけではありません。

デジタコには様々な機能が搭載されており、これが運行管理上非常に役に立つものであることが大きく影響しています。その中でも特に注目されているのが、デジタル化された運行記録を様々な観点からチェックをすることができることです。

従来これらの機能は運行記録を収集してから作業者が実際にその記録を見て集計を行わなければならず、非常に手間のかかるものでしたが、デジタコであればその場で集計を行うことができ、場合によっては運転者自身がその内容を確認することも可能となっているのがポイントです。

また、運行記録がデジタル化されただけでも様々な面でメリットがあります。デジタルデータであるため、専用のシステムにそのデータを投入するだけで簡単に集計や情報の記録ができるようになっています。そのため、瞬時に必要な情報を取り出すことも可能となり、様々な問題を即座に抽出することができるのが特徴です。加えて、運転者の体調を管理するための様々な仕組みを連携させることも可能です。最近では飲酒運転なども問題となっていますが、運転者の呼気を確認しデジタコの情報に記録したり、場合によっては運転操作の状態などを確認して警告を発するなど様々な機能を搭載しているのが特徴となっています。これらの機能を運行記録と連動させることで様々な状況を把握することができ、また原因究明にも役立てることができるのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *