デジタコ導入、安価なものでも大丈夫?

車両の運行状況を記録するための装置であるタコグラフの設置義務が拡大し、現代では業務用に使われる中型トラック以上は設置しなければなりません。

現代の主流はアナログ式のものではなくデジタル式のデジタコと呼ばれるもので、記録される情報がデジタルデータとして行われるので管理がしやすくなっています。しかし、デジタコといっても様々な種類が発売されておりその値段もまちまちです。特に長期間にわたって安定的に作動させるために装置としてはしっかりとしたものが使われているため、安価なものと言っても相応の費用が必要になります。

デジタコを導入する時には高性能なものを選ぶというケースも増えていますが、高性能なものほど費用がかかるものですから数多くの台数に設置しなければならないという場合には安価なモデルを選ぶことも多いものです。安価なものであってもデジタコとして売られているものであれば、法律で求められる要件は満たしているため問題はありません。むしろアナログ式と違ってデジタルデータで記録されるので、データ管理が容易に行えます。しかし、導入するのであればその目的を考えて選ぶことが作業効率を軽減するという点でメリットがあるものです。

便利なものとしてはデータ通信ができるもので、これらの場合は業務終了後にデータカードを提出すると言った作業をしなくて済みます。またリアルタイムでデータを送信するものであれば、運行状況を的確に確認することができるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *