デジタコ導入で得られる助成金

デジタコはドライバーの運行情報が記録され、最近ではその情報をリアルタイムで確認できるものも増加しています。

このことにより、ドライバーには自主規制する心理が働き、乱暴な運転などによる事故の抑制が期待できます。また、無理な勤務状況も明らかになり、健全な勤務形態実現への手助けとなります。万が一の事故発生時には、デジタコのデータが事故原因の分析に役立つことは言うまでもありません。

様々なメリットがありますが、運送業を展開する企業によって大きなネックとなるのが、デジタコの導入費用です。1台あたり数十万円もかかるので、保有台数の多い企業の費用負担は相当なものです。そこで、その負担を軽減するため、いろいろな助成金が設けられているのです。

国土交通省は中小企業を対象に、デジタコ本体で1台あたり上限3万円、事業所用機器で1台あたり上限10万円の助成金を設けています。厚生労働省は指定条件を満たしていることを前提として、労働者災害補償保険の適用事業主に対して67万円から150万円を設定しています。全日本トラック協会も2万円の助成金を設けていますが、国の補助金との併用はできないので注意が必要です。この他にも条件を満たせば利用できる助成金があるので、調べてみる価値は十分にあります。条件や金額などは変更になることがあるので、最新の情報を確認しておくことは必須です。申請期間が設けられているものもあるので、申込期間も注意する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *