デジタコの価格帯性能

デジタコは運行距離をはじめ、速度や時間を記録できる便利な装置です。

昨今は、それ以外にも様々な機能が備わっており、事故防止や就労形態の健全化に役立てられています。デジタコの実用が開始されたのは、1998年と既に20年以上が経過しています。その間に様々な機種が登場し価格帯にも幅が広がっているわけです。中には運行管理システムと連動する機器もあり、クラウド型などインターネットを用いたタイプも開発されています。

そうしたサービスを利用する場合は、月額料金などが発生することになります。それゆえ、一概に導入費用が割り出せない面もあるわけです。正確な導入費用を算出するには、事業所ごとに見積もりを取る必要があるわけです。低価格帯のデジタコには、アナログなみに低価格な機種も存在します。とは言え、必要となる機能は全て備えているものです。操作性にも優れており初心者でも直ぐに操作に慣れることができます。

運行記録の開始や終了は、ボタン操作ひとつで行えます。本体のサイズはコンパクトになっており、ETC車載器のように収納できます。データ管理はSDカードに対応しており、アナログよりもランニングコストの低減が図られます。一方、高価格帯のデジタコとなれば最新機能を備えています。免許証をかざすだけで、ドライバーを認識できたりします。大型液晶パネルで操作でき、入力操作も簡単です。その他、オプションでアルコールチェッカーやドアセンサーなどが取り付けられます。管理者には、トラックが何処を走行しているのか、リアルタイムで情報が送られるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *