デジタコとはいったい何かを徹底解説

トラックのドライバーの運行状況などを記録する、タコグラフというものの装着の義務化が最近広がりつつあります。

最近はトラックによる交通事故なども増えてきているため、それらを防止するために国土交通省が定めるようになりました。タコグラフと一口に言ってもアナログタイプのものだけではなく、現在はデジタルタイプなどのものもあり利便性がとても高いものがたくさんありますので、導入の義務化などに伴って助成金などもよく出ているのでしっかりとチェックしておきましょう。デジタコを装着することによるメリットはたくさんあります。ドライバーの運転の仕方などが細かく把握できるようになるため、無理な運転などしているような場合には適切にアドバイスができるようになったり、燃費向上などを目指すことができるようになることです。

またどれくらい走っているかなどといった走行距離なども、リアルタイムでデジタコならば把握できるようになるため、急な配送などがあった時にできるだけ走行距離の短いドライバーに配分するなど適切に仕事を回していくことができるようになることもメリットです。アナログタイプであれば手で日誌などに書き移さなければいけないといった能力も、デジタルタイプであれば削減できます。デジタコの設置に心配になるのがその料金についてですが、平均価格相場としては17万円前後です。しかしながら最低限の記録だけでいい、というような場合であれば、アナタコとほとんど変わらないような5万円程度の価格から販売されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *