見落としがちなデジタコ導入の際の注意点

現在運送業やタクシー業界などで重要になってきているのが、タコグラフです。

年々の交通事故の増加などを懸念した国土交通省が義務付けを進めています。タコグラフはかねてからありましたが、現在ではデジタルタイプのデジタコが販売されておりこちらはかなり便利です。タコグラフといえば運行中の走行速度や稼働状況などをグラフによって数値化していくものですが、デジタルタイプであればそういったものをリアルタイムで自動的にデータにし記録してくれるようになりますので、それによってわざわざそのタコグラフを読み取る必要もなくまた記録する手間なども省けるようになるのです。

またデジタコであれば、多くの運行状況などを事細かに記録できるようになるため、急発進・急ブレーキなど無理な運転をしているドライバーなどに、適切なアドバイスを行えるようになります。価格は一体いくらくらいなのでしょうか。大体平均価格相場としては、15万円前後と言えます。もちろんデジタコの使いやすいものや機能のたくさんあるものにすればそのぶんだけ値段は高くなっていきます。逆に最低限の機能さえあれば良いと考えている方にとっては、5万円前後の価格からも販売されています。それでしたらほとんどアナログタイプと値段が変わりませんので、まずはそちらから検討してみるのがおすすめです。また国から助成金なども支給されることがあるのでそちらも、チェックも忘れないようにしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *