搭載対象車両が拡大したデジタコについて

公道を走行する車両のうち、営業に供するタクシーやバスやトラックなどには、痛ましい交通事故の撲滅を目指して運転記録を付けることになっています。

タコグラフはこの際の運転記録装置を行う機器であり、現在主流になっているのは信号処理をデジタル化して多機能化と高効率化がなされたデジタル式のタコグラフ、略してデジタコであります。従来から搭載が義務付けられている車両に法改正によって、7トンから8トンの車両総重量で4トンから5トンの最大積載量の事業用車両が加わりました。対象車両拡大の背景は、事故の削減や発生後の原因究明に役立てる事例の拡大と、設置することでドライバーの安全運転へ意識の変化も期待されていることです。以前主流であったタコグラフは、走行速度や距離を紙に直接描写する方式でしたので、ここから得られる情報には限界がありました。

事故が起こった場合の、走行状態の捜査に有効であるとは言い切れません。デジタコによる記録では、運転の速度や走行の距離、時間やGPSに基づく位置情報、乗客用扉の開閉状況などがメモリーカードに保存されていますので、紙記録の機種と比較して多岐にわたる非常に多くの情報が得られます。ここからドライバーのハンドルを握っている際の様子なども判明し、運転だけでなく運転手の加速や発進の仕方や、乗客に対しての適切な扉の開閉がなされていたのかまでも見えてきます。

事故が発生した際の捜査に役立つだけでなく、ドライバーが無駄な燃料を使うことなく燃費の良い運転に心がけているのかや、接客方法に間違いがないのかといった、環境配慮や顧客満足度の向上への取り組み実施の把握も可能です。事業者はデジタコの情報から、安全運転の教育や接遇研修のための貴重なデーターを入手できます。安全運転のためだけでなく、こうした付随的な情報からさらなる社員教育の機会の増加が見込めるのが、搭載対象車両が拡大されたデジタコです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *