デジタコ導入が必要な理由について

運送業界やタクシー業界などで現在タコグラフの装備・導入が大変重要になってきています。

というのも昨今の交通事故の増加を懸念した国土交通省が、中型トラックなど幅広い車両に対してプラスの装着を義務付けるようになったためです。タコグラフというのは距離や時間それから速度などといった走行状況を記録する記録計のことです。かつてはアナログタイプしかありませんでしたが、デジタルタイプのデジタコも販売されるようになっており、デジタコであれば操作などがとても簡単で機械が苦手な人でも、誰でも使えるといったメリットがあります。またドライバーの安全性をしっかりと徹底することで事故の軽減が見込めます。

アナログタイプであれば、円盤状の記録計のグラフなどを見て日誌などに隠さなければいけませんでしたが、そういった手間がかからないのはデジタルタイプのメリットと言えるでしょう。デジタコの設置には一体いくらぐらい費用がかかるのでしょうか。平均価格相場としては13万円程度と言われています窓で確かに多機能であればあるほど値段は高くなってしまいますが、現在では義務付けに伴って助成金などの制度も行われるようになっているため検討してみても良いでしょう。またアナログタイプと同じくらいの最低下の記録さえできればいいと考えているような人にとっては、5万円前後からデジタルタイプであっても販売されていますのでそちらを検討してみるのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *