デジタコの導入で必要なものやこころがけ

誰でも簡単に使え業務の効率化が図れるとして、デジタコが最近注目されるようになってきています。

そもそもタコグラフという運行記録計は、例年増加し続けるトラックなどの交通事故を削減するために、国土交通省が義務付けるようになりました。デジタルタイプであれば、リアルタイムで運行状況などもわかりますし、さらに細かく急発進急ブレーキなどについては記録を取られるようになるため、ドライバーにより適切な運転をするようにアドバイスをすることができるようになり、全体的に業務効率がアップするのです。またアナログタイプであればそのチャートを見ながらいちいち日報に記録していかなければいけないなどといった手間がかかっていましたが、デジタルタイプであればすぐに走行記録はデジタル化されパソコン上に保存されます。

そうした手間が省けるため労働時間の短縮などにもつながるのです。そのようなデジタコは多くのメリットがあるわけですが、気になるのがデジタコの価格がどれくらいなのかといった点です。大体平均価格相場は15万円と決して安くはありません。とは言えそれだけ出せばかなり多くの機能があり、労務管理の徹底や安全運転の向上などは効率よく進めることができると言えるでしょう。とりあえず設置だけできれば良いなどと考えているような場合であれば、アナタコとほとんど値段の変わらない5万円前後から商品がありますのでそちらを検討してみるのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *