デジタコを導入する効果的なポイントとは

今タクシー業界や運送業界などでデジタコの設置が大変重要なことになってきています。

というのも例年増加し続ける交通事故を防ぐために、国土交通省が運送記録機器を設置することを義務付けたためてす。運行記録計はタコグラフと言われますが、アナログタイプとデジタルタイプの2種類がありますので、アナログタイプは円盤上にチャートが記録されていくもので、それによって走行距離や速度時間運転状況などが記録されるのですが、アナログであるため日報だとにいちいち記録しなければいけないといったデメリットがありました。しかしながらデジタルタイプであればそういった運行記録がしっかりとデータとしてパソコン上に記録されていくため、いちいち日報を記録するなどといった業務が減り労働時間の短縮などにもつながるということがいえます。

現在設置が不可欠となっているそのようなデジタコですが、導入にかかる費用はどれくらいになっているのかということをしっかりと理解しておきましょう。デジタコの平均的な価格相場としては15万円前後と言えます。これだけの価格のものを選べば、かなり多くの事が出来労務管理の徹底や安全運転の向上などを目指すことも大変効率よく可能です。とりあえず走行距離などといった基本的な情報だけが分かればいいというようなケースであれば、5万円前後のもので販売されています。国が用意している助成金などもよく調べあれば、それほどコストはかけずに導入が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *